これから白内障の手術をする人へ(親の白内障の体験談)


 

目の手術だから怖いと思います。誰でも歳をとればこの手の話は無関係ではありません。

本人じゃないからあまり参考にはならないかもしれませんが、これから白内障の手術を控えている人、怖くて怖くてしょうがない人向けに、親が言っていたことをまとめておきます。

〇麻酔は10回ぐらい目薬を差す感じだった

〇別に目をいじるときはよく見えないから怖くなかったよ

〇手術はすぐ終わったよ

〇両目の時は一週間ぐらい間を置いてまだ片方ずつやるかんじ

〇つまり思っていたほど手術に対する怖さはなかったそうです。

〇片方終わったときは独眼竜政宗(片方が黒い眼鏡を掛けなきゃいけないらしいことを言っている)

〇片目だとものの距離感が掴みづらいから生活しにくいよ

〇しばらくシャンプーとか顔洗えないからそれがいやだ

 

白内障の手術した人をサポートする対策

年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香院長の白内障治療Q&A

年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香院長の白内障治療Q&A

 

①一人暮らしなら可能なら期間中家族がサポートしてあげる(目が見えにくいらしい)

②介護の家族を抱えている家族なら、事前にケアマネさんに相談の上預かり時間を調整しておいたほうがいい

③ドライシャンプーとかそういうので体をすっきりさせてあげると良い

④家事とか送迎とかができたら代わってあげる

 

こういう感じでしょうか。私は離れて住んでいるのでどれもできませんでしたが、話を聞いたり愚痴を聞いてあげる、というのもサポートに入ると思うので、離れて住んでいる人はそういうサポートで補助してあげてください。


error: Content is protected !!