【分かりやすい】映画を見るとき、最近急激に吹き替え派に傾きつつある件【理解が早い】

 

大ヒット映画「キャプテン・マーベル」を吹き替えで見てきました。

前回の「アリータ・バトルエンジェル」に続き、好きな声優さんが吹き替えを担当されているという動機で見始めた吹き替え版でしたが、これが実にいいんですね。

バトルとかアクションものは急激に事態が展開したり動くシーンが多いので、どうしても字幕を読んでると事態を把握するまでに数秒のブランクが起こるんですよね。

ほんの僅かなズレなんですが、この数秒の差が結構大きい。初めから日本語でセリフを言ってると、音として言葉が残るので字幕より理解のスピードがアップするんです。

映画の「字幕至上主義」って割と浸透してますよね。私もいつのまにか刷り込まれたその謎の理屈で、これまであまり理由も考えず自動的に「字幕版」を見てきました。

確かに字幕版だと俳優さんの生の声が聴けるので、その俳優さんのファンなら字幕一択だと思う。誰だってファンの俳優の声は聴きたいもの。私だってコリン・ファースやヒュー・グラントの声は聴きたいですもん。

でもそれ以外だと、あんまり字幕にこだわる理由はないと思うのです。映画館でも「吹き替え」を見たいと言うと「字幕じゃないですよ?」と確認されてしまうぐらいです。

そういうこと言われると「吹き替えなんでそんなに冷遇するの・・・見たくて来てるのに・・・」と思ってしまう・・・

というか、世の中やっぱり「何も難しいこと考えず字幕」派が多いんでしょうかね。

 

最近吹き替えを見始めたにわかなんですが、いろいろ調べてると世の中には字幕・吹き替え両方見る派の人もいるんですね。

私そんな発想いままでなかったですが、吹き替えを見始めてからその見方は確かに相当好きな人の見方だなあ、と認識を新たにしました。

 

新たな切り口が見つかることも。吹き替えのよさはこういう部分

通常は「吹き替えより字幕」的な意見が主流なのですが、「バンブルビー」と「レゴ・ザ・ムービー2」は吹き替えを絶賛している意見が結構ありました。

この二作は完全に原作へのリスペクトを見ている人も感じていますし、満足度も高い様子。まず吹き替え版というのはそもそも自主的に見たいという人が正直あまり多くはない。

そんな中で、字幕でうまく時間が合わなくて、という感じで消極的に見た人も、きちんと作られたセリフとプロの演技がきちんと噛み合った映画を見たとき「吹き替え版を見ていて楽しい」と感じ、きちんとしたセリフ回し、原作へのリスペクト、プロの演技。

これが三つ揃った吹き替えは見ているほうにもきちんと伝わりますし、それをSNSなどで積極的に発信するようになる。

いいものは必ず伝わるのです。これは映画のヒットを押し上げる要因のひとつでもあります。

 

 


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!