バンクシーに関する本を翻訳してきた東京芸術大の毛利嘉孝教授(社会学)によると、美術関係の知人の間で昨年末から「本物ではないか」と話題になっていたという。取材に対し、「バンクシーは2000年代前半に同じようなネズミの絵が多い。願望も含めてだが、本物の可能性が高いと思う」と話した。

毛利教授は「都市に必ずいるのに姿が見えず駆除の対象になっているネズミは、ホームレスや難民、ストリートアーティストである自身のモチーフと考えられる。描かれたウォーターフロントは都市再開発の象徴で、そこに取り残されたり、無視されたり、追い出されるものを描いたのではないか」と指摘する。その上で「ストリートアートは本来の場所にあることで意味がある。撤去は少し残念」と述べた。

引用元:朝日新聞デジタル「バンクシーに似た絵」識者「本物の可能性高い」