【節約料理】鉄板でいつでもふわとろたこ焼き【手抜きでタコパ】

 

みなさんたこ焼きは好きですか?私は大好きです!!東日本ではいまいち理解されないけどお好み焼きもたこ焼きもごはん感覚だし、なんなら毎日食べても飽きません。

そんな中、年末年始の手抜きに備えてたこ焼き用鉄板を買ったところ、非常に捗る上に簡単料理でもあるのでご紹介します。

 

たこ焼きはおやつ!?いやいやご飯です、しかも立派な

イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF

イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF

 

私が購入したのは上記の「イワタニ フッ素加工たこ焼きプレート」です。レビューで軽量で安価、取り扱いやすい商品だということだったので購入を決めました。鉄板自体は国産ではなく韓国製だったのでちょっと迷いましたが「ちゃんと洗えば大丈夫!」ということで購入しました。

 

☟国産の鉄板にこだわる方は南部鉄器のプレートもあります。少し重いようです。岩鋳さんのフライパンは鉄分補給の目的で普段使っていますが、結構重いのだけが注意点です。

 

ちなみにアマゾンのたこ焼き器で絶大な人気を誇る「炎だこ」も購入、使用したこともあります。

Iwatani カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ) ブロンズ&ブラック CB-ETK-1

Iwatani カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ) ブロンズ&ブラック CB-ETK-1

 

 

こちらの使用感は、カセットコンロと鉄板が一体化しているので、いちいちカセットコンロをセットする面倒さがないですし、ダイレクトに火を付けられるので非常にお手軽感がありましたね。

たこ焼き自体とても美味しく焼けました。カセットコンロをお持ちではない方には最適な商品だと思います。

逆にカセットコンロをお持ちの方だと同じようなものが家に二つ存在することになり場所を取るので、鉄板だけを購入するのがお勧めです。

 

たこ焼きを焼くために必要なもの(道具編)

 

油引き

レック KN 油引き棒 ホワイト

レック KN 油引き棒 ホワイト

 

ハケはあればベストですが、油を染み込ませたペーパータオルで油を馴染ませても構いませんので必須ではないですね。私は下のタコのやつと、ペーパータオルを使っています。

 

貝印 KAI キッチンぺーパー で 油引き まいど本舗 タコやん DS1020

貝印 KAI キッチンぺーパー で 油引き まいど本舗 タコやん DS1020

 

クシ(必須)

 

下村企販 たこ焼き器をキズつけにくい たこピック 2本組 32877

 

こちらは必ずあったほうがいいアイテム「クシ」です。たこ焼きをひっくり返すために必要なので必須。

箸などで返そうとしても、鉄板をキジギジ掻きますので箸にあまり良くないし、箸や菜箸では先が太すぎるので家庭用のものでは代用しにくいです。

複数で焼くことが多いたこ焼きは、ひっくり返すのを手伝って貰えるので、上記のクシのように初めから二つあると便利です。

☟必須

☟代用可。あれば便利

 

 

たこ焼きを焼くために必要なもの(食材編)

 

キャベツ

国産 キャベツ 1箱10kg

 

たこ焼きの粉

オーマイ たこ焼粉 200g×5個

 

おいしい赤卵 (30個入)

 

天かす

オタフク 専門店の味 いか天入り天かす 天華 120g

 

紅しょうが

紅ショウガ(天然着色)1kg

 

たこ焼きソース

オタフク たこ焼きソース300g

 

青のり

瀬戸内海産 青のり / 15g TOMIZ/cuoca(富澤商店)

 

チーズ

[冷蔵] ナチュラルチーズ 1kg

 

たこ(刺身)

天かすも紅しょうがも、ものすごい量を使う訳ではないので余りますが

 

☟こういうタッパーに入れて冷蔵庫にしまっておけば保存も効いて便利です。

アデリア 耐熱ガラス 密封保存容器 300ml クックロック スクエア 電子レンジ対応 H-8760

意外とたこ焼きを焼くときは色々なものを机に置くことになるのですが、天かすはいちいち袋でおいていると取り出しにくいですが、タッパーに入れておくとスプーンで掬ってサッサッと入れられるので、段取りも便利です。

タコは高い食材なので、刺身を買ってきて小さく刻んでしまえば結構な数になります。

 

 

ふわとろたこ焼きの配合

 

こちらを参考にしました。

 

引用元:クックパッド「大阪ふわとろたこ焼き やまちゃん風生地」より引用

実際に焼いたのは一番最初に紹介したイワタニの16個焼きの鉄板なのですが、一回では焼けず(というか家族がもっとくれ!もっと食べたい!と言い出した)ので二回目で8個ぐらい焼きました。

大人二人ぐらいで焼くなら十分な量ですね。特に男性ならバクバク食べますので24個ぐらいの量でちょうど良かったです。

これがもう少し人数が増えれば前後すると思うのですが

上記のレシピだとちょうど大人二人分ぐらいです。

 

たこ焼きを美味しく焼く秘訣

①キャベツや紅しょうがを小さく刻むこと。紅しょうがはそのままだと長いので、焼くとき邪魔です。あらかじめ小さく刻んで、生地を流しいれてから上に振ったほうがいいです。

②鉄板の穴に中途半端に生地を入れない。入れるなら穴全部にどっと入れます。中途半端だと綺麗な円にならないし、焼き具合が固くなります。形もきれいになりません。

③穴から生地が溢れても気にしない。後から巻き込むので多少穴の外部分に出ても気にしないで焼く。

④よく焼けないうちからいじくり回さない。ぐじゃぐじゃになります。焼け具合の目安としては、周りが茶色に見えてきたぐらいです。それまではじっと触らず待つ。

⑤ひっくり返すときは素早く

 

まとめ

 

たこ焼きは一度道具を揃えてしまえば簡単時短料理だが、初めに道具を揃える必要がある。

カセットコンロがある人は鉄板タイプ、ない人は一体型の炎だこが便利。

たこ焼きのクシは必須

生地を入れるときは恐る恐る入れずダイナミックに

ひっくり返すときはスピーディに、焼けないうちからいじくり回さない

 

鉄板タイプ(韓国製)

国産(南部鉄器)

コンロ一体型(コンロ不要)

 

必須アイテム

 


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!