【寄生虫】ふざけてナメクジを食べた男性、一年間昏睡の上亡くなる【広東住血線虫】

この記事非常に気になっていたトピックなんですが、なかなか私は書きたくなかった・・・!

なぜなら私はナメクジが大っ嫌いだから!

気持ち悪いぬめぬめ、いやらしい銀色の筋、西日本で蛇蝎のように嫌われているゴキブリのほうがまだマシなレベルですよ。

私昭和っ子ですから、当然木造文化住宅みたいなうちに住んでたわけで☟

そうなると、そういう住宅につきものなのが「土間」だとか「家の横のブロック塀」です。雨の次の日とかに現れるぬめぬめ野郎、それがナメクジ。

子供のころから母親に「なめくじを触らないように」だとか「銀色の這った跡もさわっちゃだめだからね」と口が酸っぱくなるほど言われていたんですが、どうやらこれは非常に正しい注意勧告だったようなんですよ(30年ぐらい前の話なんですけどね)

それはそうと、今回の「ナメクジ事件」について詳細をまとめていきます。

 

なめくじを食べて死亡。彼に一体何が起きたというのか

 Yahoo!ニュース 
ふざけてなめくじ食べた男性死亡、寄生虫で昏睡とまひ 豪(CNN.co.jp) - Yahoo!...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-35128191-cnn-int
(CNN) オーストラリアのシドニーで、仲間たちと飲んでいる最中にふざけてナメク - Yahoo!ニュース(CNN.co.jp)

友人や家族が同国の放送局ネットワーク10のトーク番組に出演して語ったところによると、当時19歳だったサム・バラードさんは2010年、友人の自宅の中庭で、仲間たちとワインなどを飲みながら談笑していた。

そこへ現れた1匹のナメクジを見て「食べるか」という話になり、バラードさんがのみ込んでしまったという。

その後、バラードさんは身体に力が入らなくなって両足の激しい痛みを訴えるようになった。医師はこの症状について、ナメクジに寄生していた広東住血線虫が原因だと診断した。

引用元:yahooニュース「ふざけてなめくじ食べた男性死亡、寄生虫で昏睡とまひ 豪」

 

・・・なんで食べた・・・・

としか言えない・・・お酒を飲んで、気が大きくなっていたとはいえツマミ感覚でナメクジ・・・

 

じゃあ広東住血虫って何だ

 

非常にわかりやすい動画を「ディスカバリー・チャンネル」がUPしていました。

注:ナメクジ、ミミズみたいな寄生虫の動画が出てきます。完全に「閲覧注意動画」です。こうした映像を見たくない人は再生ボタンを押さないようご注意ください

広東住血線虫の感染経路

ネズミの肺動脈に卵を産む

→孵化した幼虫を咳でネズミが吐き出し、それを飲み込む

→ネズミの糞に紛れて外に出た幼虫をナメクジやカタツムリが食べる

→ナメクジなどが付いたり這ったりした葉物野菜を通じて人間に感染

という経緯をたどり、人間に感染する。

ちなみに、この寄生虫に対する治療法は確立されておらず、症状を緩和することで寄生虫の死を待つしかできない恐ろしい病気だ。

主な感染源は東南アジアと太平洋諸島だが、ハワイでの感染者が激増していることから、この病気の拡大が危惧されている。

下のツイートの方の話からも「野菜をきちんと洗って食べる」ことはハワイではすでに常識になっていることらしい。

広東住血線虫の日本での感染状況とは

本邦における人体症例はこれまでに少な くとも54例(2003年8月現在)があり沖縄県での感染例がおよそ61%を占め、眼型は2例、髄液 から虫体が検出された症例が2例ある。

 特記すべきこととして、沖縄において2000年1月から3月にかけての短期間に8例(20歳から62 歳、男3名、女5名)の発生が認められており、 同年6月には沖縄で、わが国初めての死亡例が 発生した。最近5年半(1998年〜2003年)の発生動向を見ると、2000年に沖 縄で発生した症例だけでも9例とされており、合わせて14例の発症例がある。これらは全て沖 縄で感染したものと推定されている。

引用元:国立感染研究所「広東住血線虫とは」より

 

現在わかっている症例は54例、うち沖縄ではその61%を占める患者が出ているようだ。

 

では日本の症例の感染源とは一体何だったのだろうか

わが国では沖縄県、奄美大島を含む南西諸島、鹿児島県、福岡県、広島県、愛知県、静岡県、神奈川県、小笠原父島を含む東京都、北海道など、各地で捕獲され たドブネズミやクマネ ズミに自然感染が認められており、アフリカマイマイ、スクミリンゴガイなどの貝や数種のナメクジ から第3期感染幼虫(L3)が検出された地域もある。

感染源については、アフリカマイマイに起因すると考えられるもの15例(沖縄14例、インドネシア1例)、アジアヒキガエルに起因するもの2例(沖縄2例)、ナメクジが感染源と考えられるもの7例(沖縄、静岡各3例、鹿児島1例)であり、残りは感染源不明である。

引用元:国立感染研究所「広東住血線虫とは」より

 

まず浮かぶ疑問は「アフリカマイマイって何?」という疑問だと思うのでざっと紹介する。

まずアフリカマイマイは植物防疫法により有害動物指定を受けており、生体の持ち込みが禁止されている。

また日本だけでなく、世界各国でも持ち込みは禁じられている。

アフリカマイマイは今まで述べてきた「広東住血線虫」の中間宿主になることが多く、体に這ったり這った跡に触れたりしてもこの寄生虫に寄生される危険がある生き物だ。

 

アフリカマイマイ怖い!そこらへんにいるんじゃないの!?→沖縄に主に生息しています

日本では南西諸島のうち奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄本島、宮古島、石垣島に、小笠原諸島のうち父島、母島、南鳥島に分布する。

気温の関係から奄美より北には定着できないとされていたが、2007年(平成19年)10月に鹿児島県出水市と指宿市で相次いで個体が発見され、県による駆除作業が行われている。

いずれのケースでも複数個体は見つかっていないが、定着した可能性も否定できず、捕獲罠を仕掛けるなど、警戒を強めている。

引用元:Wikipedia 「アフリカマイマイ」

 

「エスカルゴ」の代用品として「アフリカマイマイ」が使われていることも

 

☟マイマイとか怖いのでマイルドな写真にしてみました・・・

セモア(CEMOI) シーシェルチョコ 200g
セモア(CEMOI) シーシェルチョコ 200g

日本では食用として定着しなかった本種であるが、養殖して食用や輸出に用いている国もある。フランスでも絶滅寸前のエスカルゴ・ド・ブルゴーニュの代用品として使用されており、日本ではインドネシア産の業務用缶詰が多く流通している。

引用元:Wikipedia 「アフリカマイマイ」

 

 エスカルゴっておそらく一般的な日本人の食生活では登場してこないものですが、上記にも挙がっているように「わざわざ好き好んで食べないほうがいいもの」であることは確かなようです。エスカルゴ好きな人がいたらごめんなさい。でも怖いです。

 

まとめ 広東住血線虫の予防はどうすればいいのか

カタツムリやナメクジ、タニシ、カエルなどを生で食べてはいけません。火を通せば安全ですが、東南アジアなどこの病気が多い地域ではこれらのものを口にしないほうが安全でしょう。

ナメクジがよくつくキャベツやレタスなどの生野菜はよく洗ってから調理しましょう。

また、カタツムリやナメクジ、それにカエル等にはむやみに触れないこと。

引用元:愛知衛生研究所「広東住血線虫」 より

 

カタツムリナメクジがいかにやばい存在か、這った跡ですらやばいということがこれまでの話からお分かりいただけたかと思うのですが、生焼けの淡水エビやカニ、カエルなどにもこれらの危険が潜んでいるようなので、下記に紹介しているような事柄に気を付ければ心配する必要はないかと思います。

しかし生野菜はなあ・・・キャベツとかもいる可能性ありますよね・・・以前百貨店のサラダを買ったら、そこのパックのなかにカタツムリみたいなものがいたことがあり、瞬時に捨てたことがあります・・・こんなことも起こりますので、サラダは食べるときに気を付けたほうがいいですよ!

 

 

やはり昔から死ぬほどナメクジ、カタツムリの類が嫌いな私は生物として本能的に危険を察知していたのかもしれない・・・

 


error: Content is protected !!