【ものぐさでも】家庭菜園初心者わたし、カボチャとピーマン育成に成功する【ダラ奥でもできる】

そろそろ畑じまいも始まろうというこの頃、かなり寒くなってきましたね。

これから市民農園やってみたいなあ、という方向けにこれまでの記事を書いたのですが、今年は自宅の一坪の家庭菜園でも並行して野菜を育てましたのでそっちのほうも報告しておきます。

 

家庭菜園はミニカボチャとピーマンを育てよ

今回はたまたまホームセンターでミニカボチャの苗とピーマンの苗を見つけたので、軽い気持ちでこの二つをそれぞれ三株づつ購入しました。

☟「パンプキッズ」というミニカボチャと、ピーマンは普通の(ノーブランド)の苗です。

ミニ栗かぼちゃ【宇都宮農園 種 野菜 たね 郵送】

価格:600円
(2018/10/30 22:40時点)
感想(0件)


 まずこういう「家庭菜園」とかやってる、と聞くと「ちゃんと手入れするきちんとした人なんだわ」などと思われるかもしれませんが、否!

耕すのと土づくりだけはがんばりましたが、まず大前提として

ダラ奥

面倒くさがりや

植えておいて、実ができたら野菜とる、みたいな怠惰な家庭菜園生活したい

というあなた、あなたはミニカボチャとピーマンを植えてください。簡単だから。

まず私の話を紹介すると、上記にも書いたように私がやったことといえば

①土づくり

②マルチ掛け

③苗を植える

④苗に水やりをする

この4項目だけでした。

順次説明すると、大抵の家庭菜園ははじめは黒土だと思います(外構でただ持ってきただけのやつ)

そのままだと当然土には栄養が一切ないので

 

腐葉土(一坪だと30~50Lが適量)

腐葉土18L/3袋セット 信州産落ち葉100% 自然発酵製品
腐葉土40L/3袋セット 信州産落ち葉100% 自然発酵製品

 

バークたい肥ペレットタイプ(一坪だと10Lぐらい)

アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20L
アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20L

注意点:鶏糞は効きが遅いので使わない。バークたい肥は牛ふんを使っているので、においの少ないタイプを購入すると安心です。(そんなに匂うことはないですが、ご近所と近い場合を考慮)まくのがかんたんなペレットタイプだと楽でした。
このふたつを畑の面積に応じてまき、クワで混ぜ込みます。土づくりをしてすぐだとまだ土が出来ない気がしたので、少し時間を置いていました。

次ステップ 苗を植える→水をやるだけ!

続いて畑の畝立てです。このあたりは力がいるので旦那を利用しましょう( `ー´)ノ

「やっぱり頼りになるわ~」とか「さすがね」等うまくおだてて力仕事はやらせます。

家庭菜園レベルでも、最低クワ、長靴、軍手などは必要になります。長靴もクワも一回買うと長く使えますし、もう少し規模を拡大したい(市民農園など)と思った時も役に立ちます。

続いて畝が出来たらマルチを掛けます。マルチというのは下の写真のような黒いビニール製のカバーです。

要は畑に掛ける「サランラップ」みたいなものだと考えてください。マルチを掛ける理由は雑草取りの手間を省くためです。

雑草はみなさんご存知だと思うのですが、意外と家回りなどに頻繁に生えてくるため、抜くと結構な量になります。

それだけでも大変なのに、さらに家庭菜園にモジャモジャ雑草生えてきたら面倒くさくありませんか!?

いや、マジで面倒くさいです、雑草は。実は小規模でも大規模でもそうだけど、農業の手間の大半は雑草との闘いなんですよ。

このマルチを購入しておき、旦那が畝たてし終わったら片方を引っ張ってもらい、ぴっちりと畑に被せ、風などで飛んでいかないように両端、脇にきちんと土を掛けます。

初めはなかなかうまく行きづらいと思いますが、ビチッと張れると本当に気持ちいいです。

(注:例によって私はガサツなうえ、一人で張ったのであまりビチッとできませんでした。そのため、風の強い日になるとカサカサカサ!とマルチのビニールがゴソゴソ言って苦々しい気持ちになりましたので、ビチッと張らないと私みたいになります)
☟ピーマンを植えたとき。少し弛んでいるのが分かる(笑)

☟ビチッと貼るとこんな感じ。

 

カボチャの苗が日々ぐんぐん成長していく。これが案外うれしいんです

面倒くさいステップは全部終わりました。あとは苗を買ってきて植えるだけです。今回私はミニカボチャ一年目でしたが、それでもゴロッゴロカボチャなりましたからね。

カボチャって購入すると案外高いじゃないですか。しかも国産のものはあまりない。しかしカボチャっていう野菜にありがちな「カボチャって切りにくいし、硬いから使いにくい」という印象ですが、これがミニカボチャだから一気にクリアするんですよ。

小玉だから皮があまり硬くない、切りやすい

ひとつ分で料理一回分ぐらいだからちょうどいい

水気の多い野菜と違い、収穫後もすぐ腐らず日持ちがする

という非常にいいことづくめなメリットがある。経済的、実が沢山なる、育てるのが簡単、しかも日持ちがする、という初心者には非常におすすめの野菜だったのです。

 

☟ミニカボチャ大きさ比較画像です。これぐらいのサイズのカボチャが10個ほど

 

これは良い部分でもあり、悪い部分でもありますが、とにかく成長度合いがものすごいんですよ。

①植えてすぐ(6月12日)

②あっという間にこんな感じ(6月25日)

葉っぱもツルもすごい勢いで伸びますので、定期的に見てお隣さんの庭に侵入していかないように注意したほうがいいですね。私はあまりにもツルが伸びたので、畑の周りをツルが一周するぐらいでした。

 

ピーマンは収穫時期が長い。しかも実が沢山なるメリットが

今この記事を書いているのは11月ですが、ピーマンの苗を植えたのは6月ぐらいだったのですが、もう3か月程ずっと実がなり続けています(11月1日時点、7個なっていました)

しかももう11月にもなろうというのに、さらに実を付ける気配です。ピーマンって意外と使用頻度の高い野菜ですが、一回当たりせいぜい2つか3つあたりあれば十分じゃないですか。

普通の家庭料理を作る過程で「あ、ピーマンほしいな」と思って、庭にもぎりに行けば手に入るというのは大きなメリットでもあります。

正直超便利です

「焼きそばつくろう」とか「キーマカレー作ろう」とか「ナポリタン作ろう」と思ったとき、庭に行けばピーマンがある生活!

特に用途がないときでも、オーブンで軽く焼けばお酒のアテにもなりますし。同じく、カボチャも薄く切ってオーブンで焼くと、カリッカリでおいしいつまみになりますよ。

しかも手間少な目。カボチャもピーマンも水やりは欠かしませんでしたが、特に追肥などはしていませんでした。追肥していれば、もっと収穫量も増えていたと思います。

ピーマンもカボチャも、非常に使い勝手よく(しかも簡単、実だくさん)という予想外の成果が生まれました。

来年はもう少しピーマンの株数を増やし、パプリカも栽培したいですね。パプリカも買うと高いですし・・・

 

🐾家庭菜園をするために最低限必要なもの(一坪あたり)🐾

腐葉土(ふた袋ぐらい)

バークたい肥(半袋ぐらい)

クワ

マルチ(初心者はもともと穴があいているマルチが便利です)

じょうろ

長靴

軍手(一般的なイボイボのやつでなく、手のひら部分がゴムで出来ている軍手だと作業がやりやすいです)

(あればいいもの)レーキ 土を平らにするのに使います。これでならしておくとマルチ張りのときビチッと張れます(私は使わなかったのでボコボコになりました・・・使わないと正直見栄えは悪くなります・・・)

 

☟去年からはじめた市民農園の記事も書いてます。今年で市民農園二年目です。


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!