貴乃花親方衝撃の引退騒動①「貴乃花親方の現状」周囲のコメントを紹介

9月25日、衝撃の引退騒動が起きた。貴乃花親方が突如相撲協会に退職届を提出したと表明、記者会見を開いたのだ。

 

貴乃花親方はその会見で自らの主張を表明、あとは黙して語らずの人柄ということもあり、彼の人柄、いまどういう状況にあるかは周囲のひとの言葉を頼りに想像するしかできない。

まずは今記事では周囲の人のコメントを紹介しようと思う。

貴乃花親方と10年来の親交 辻本公俊さん

自分のかわいい子ども(弟子たち)をどこかの部屋に移させて、自分は降りるなんてよっぽどのことやと思う。もう精神状態ギリギリやもん。あんな下っ端から見せもんにさせられて、それはもう「堪え難きを耐え、忍び難きを忍び」ちゅうもんよ。

ようやってこれた。めいっぱいやってきたと思う。

貴乃花親方は2017年に起きた日馬富士暴行事件で、自部屋の力士が暴行を受け、それを相撲協会に報告しなかったとして2018年1月理事の任を解かれた。

 

下図を見てもらえば分かるかと思うのだが、要はなんやかや理由を付けながら結局理事から最低ランクの「年寄」まで格下げされていたのだ。完全に相撲協会のパワハラである。

 

2018年8月、貴乃花親方が疲労で倒れたニュースはまた記憶に新しいかと思う。彼が倒れたのはこの「年寄」に格下げされた時期だ。

 

 貴乃花親方の兄 花田虎上さん

独白―ストロング・スピリットこの時期にこういう発表は驚いています。退職をすることに驚きはありません。こういう騒動の中で、こういう結論が最後には出るのかなと予想していた。頑固は頑固なので。

弟子が(暴行を受けた)暴行事件では折れないものがある、弟子を愛しているからだと思う。

そこは変えられない。今までもずっと変えてこなかったので。弟子は家族なので、親御さんも大切な命を預けるのは貴乃花しかいないと思って預けている。

そういうことを考えると、思いとどまってほしかった。

 

(相撲協会と親方の言い分が食い違っていることに関して)

昨今いわれているパワーハラスメントと同じ。受け取り方によって違いますよね。

片方はそうは言ってない、でも受け取るほうはそう受け取ってしまう。そこが難しいところなので、何か証拠があればいいんですけど。

証拠がない限りはお互いの話を信用してあげたいのが本心。

兄弟横綱―若貴の心・技・体
兄弟横綱―若貴の心・技・体

(貴乃花親方と連絡が取れてない件に関して)

連絡はとれてないですし、今後も取れないと思う。僕が一番心配しているのは体調面。巡業で倒れたと聞いたので、発表はなにも分からない。

(退職後子供たちに相撲を教えたいと言っていた話に関して)

それはそれで頑張ってもらいたいと思います。みんな相撲が好きなので、それは変わらない。力を合わせて頑張っていってもらいたい。

(ソース元:9月26日放映「スッキリ」内インタビュー)

 

 

 

貴乃花親方の兄弟子 貴闘力さん

大相撲カード 1999年上半期版 BBM 貴闘力忠茂<30>二子山部屋(会見は知っていたか?)

知らなかったです。

(会見の前になにか本人からお話はありましたか)

倒れて入院した時何回か電話したんですけど。電話も掛かってきて。「どうや、生きてるか」と言ったら「生きてるよ~」と。「なんとか元気で病院は抜け出してきた」と。とりあえず体調は大丈夫だ、とは聞きました。

「体調悪くて倒れたんじゃないの、大丈夫?」と聞いたら「それはない、大丈夫」と。

秋場所の初日ぐらいの時に「やっぱり弟子を増やしたいから協力してくれ」と。

 

「これからどんどん入れたいから、弟子を増やしてもっかいちゃんと頑張っていくから。弟子を頼むから増やして」

「(貴闘力さんの子供二人を)俺に預けろ、と。絶対に強くするから。お前よりは確実に強くするから」と。ありえないですよね。そういうことを考えているとき、自分にこういうことを言わないですよね。

(今回の会見にびっくりしたかと聞かれて)

びっくりしたんですよね。

 

まとめ

なんとも衝撃的な話が出てきた。貴闘力さんの話では、今回の会見の二週間前には、貴乃花親方は現在の「年寄」であってもくじけず、弟子を増やして部屋を大きくしたいと思っていたことが明らかにされた。

その間に会見を開いて「退職届」を提出するまでに彼の態度が変わってしまったのはなぜなのだろうか。

また、日馬富士暴行事件(2017年10月頃)の時は貴乃花親方は理事だった記憶が強かったので、この記事を書くにあたり、貴乃花親方の地位が、現在最下位である「年寄」にまでランクが落ちていたことが個人的にはかなりの衝撃だった。

もうこれだけでもパワハラと言っても間違いではないと思う。完全に「辞めさせるための降格」であるようにしか見えず、本当に貴乃花親方が「退職届」を出したら出したで受理しないだとか、全くもって相撲協会という団体は何がやりたいのかさっぱり分からないことは確かだ。

 

🐾次記事🐾

🐾最新記事🐾



 


error: Content is protected !!