【札幌タコ投げつけ事件②】事件当日の犯人の移動ルートを徹底考察【叩き付けすぎ】

 Yahoo!ニュース 
マンションにタコ投げつけ 1時間にわたり...(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニ...
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180727-00397306-fnn-soci
27日未明、北海道・札幌市で、マンションの外壁に1時間にわたってタコが投げつけられ - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

前回の記事では「札幌市タコ マンション投げつけ事件」

事件の概要を紹介するとともに、犯人の移動手段、タイムスケジュール、現場周辺の環境などを考えた結果

北海道文化放送ニュース画像より

〇タコを一時間投げ続ける体力があることから犯人は男性

〇現場が住宅街であり時間をつぶす場所がないことから周辺に住んでいる人間

〇札幌市営地下鉄南北線の駅「中島公園駅」終電0:14分で降り現場に向かった

〇通報者が車や自転車等の音を聞いてないことから、徒歩で移動していた

とこれまで分かっている情報から犯人像をプロファイリングしてみた

(注:これらは飽くまでもブログ主の個人的な推測ですのでご注意ください)

このあたりの考察の詳細は前記事で書いています)


今回はさらにわかっている情報に詳しく肉付けをすることによって、犯人像に近づいてみたいと思う。

ストリートビューで現場まで歩いてみる

まず前回の記事でまとめた「犯人は地下鉄南北線 中島公園駅終電で下車」説にもとづき、ストリートビューで現場周辺まで移動してみた。

まず地下鉄「中島公園駅」からまっすぐ東西の方向に通っているのは「菊水旭山公園通り」である(下記地図の青点線ラインが菊水旭山公園通りである)


 上図点線は「中島公園駅」からこの通りに沿って西に歩き続けた犯人の仮想歩行ルートだ。上記地図の目的地「セイコーマートはた」のポイントで南方面に折れて道なりに歩いた場所に現場マンションが位置している。

しかも、タコがぶつけられた壁面は「セイコーマートはた」から南に折れて歩いた場合、犯人の正面に位置する。

やはり、この点を考えると犯人は上図の菊水旭山公園通りを通り、現場にたどり着いた可能性が高いように思う。

↑地図赤枠エリアが現場周辺の(札幌市中央区南9条西13丁目)エリア。

仮に「セイコーマートはた(位置は上図の赤枠右上あたり)」に向かって南から北の方向に犯人が歩いてきたと仮定すると、犯人は歩いて来て、わざわざ背後を振り返って現場マンションにたこをぶつけたことになってしまい、非常に不自然だ。普通に歩いていて、自分の進行方向正面にあるマンションに目が留まり、タコをぶつけたと考えたほうが理屈に合う。

という訳で、この記事でも恐らく「やはり犯人は終電で帰宅途中の人間」であるという想定ができ、また、終電で帰宅という事柄を考えると、繁華街のある方向「麻生方面」から「真駒内方面」に向かって地下鉄に乗って帰って来たと考えるほうが自然だ。

中島公園駅のひとつ前の駅は「すすきの駅」である。いわずと知れた札幌有数の繁華街だ。札幌~すすきのエリアで金曜夜の「飲み」を終電直前まで楽しみ、そこから3~1駅しかない「中島公園駅」で下車したとすれば理屈が合う。

☟下図緑のラインが地下鉄南北線の路線図。「中島公園駅」が繁華街の多い札幌中心地に近いことが分かる。

画像引用元:札幌市交通局 路線図・構内図より引用

 

次回はたこの出どころなど「投げつけられたたこはどこからやってきたのか」などを考え、事件の謎を考証していきたいと思う。

 


error: Content is protected !!