髭女直美を笑った渡部が不快。きっと「残酷な聴衆」を演じてくれたんだよね!


「うたの夏まつり」で何が起きた?渡辺直美は視聴者に絶賛されていたのに

2018年7月25日(水)にフジテレビ系列で「2018年 FNSうたの夏まつり」が放送された。

中でも話題になったのが、別所哲也、城田優、渡辺直美、クリスタル・ケイらが2018年の大ヒット映画「グレイテスト・ショーマン」の劇中歌メドレーを歌うコーナーだ。

今やインスタのインフルエンサーとして700万人ものフォロワーを持つ人気者渡辺直美も出演前に、インスタグラムで劇中人物「髭女 レティ」に扮した写真を投稿してファンに告知し、番組をPRしていた。

その装いの完成度の高さに映画ファン、渡辺直美ファンの期待は上がっていた。

番組で「グレイテスト・ショーマン」のコーナーが始まってからというもの、別所が英語で歌い上げた歌の完成度の高さは素晴らしかった。

☟別所さんが歌った歌「The Greatest Show」

 

城田優&宮澤エマの歌い上げたラブソング「Rewrite The Stars」

 

 

☟渡辺直美&Crystal Kayが歌った歌「This Is Me」

劇中歌出演者らの歌唱力の高さ、渡辺直美が扮する「髭女」レティのインパクトは視聴者の話題をさらい、また、渡辺は劇中のレティに恥じない見事な歌唱でCrystal Kayとともにソウルフルな歌声で「This is me」をうたい上げたのだ。

問題はその後に起こった。

 

渡部が「不快」と叩かれた出来事。髭女に扮した渡辺直美を嘲笑

パフォーマンスを終えた直後の渡辺は、ステージから降りると「ちょっと本当に、(髭のメークの)完成度が凄かった」と一言。

その上で「歌がすごい心配だったんですけど、Crystal Kayさんが一緒に歌ってくださって、本当に心強かったです」とコメントした。

普通ならば「素晴らしかった」だとか「本当に素敵な歌声でした」などと言って出演者をねぎらうところを、司会者のアンジャッシュの渡部は

「その格好で、あんまり真面目な話しないでくださいよ。すごい違和感あるんですよ」

と渡辺に半笑いで言ったのだった。この突っ込みに周囲の共演者からは大きな笑いが起き、本来ねぎらわれるべきだった渡辺さんはその一言で嘲笑にも近い空気に変わった笑いの中「ごめんなさい、すいません」と小声で呟くことになってしまった。

この悲しい空気に番組を楽しんでいた視聴者の不満が爆発。

「この人には映画のメッセージがまるで伝わってない」

「最悪な発言。映画でのそのキャラクターの立ち位置や意味合い理解してたら絶対出てこない」
「渡部の一言で全て台無しだった。 関わった人々全員に謝ってください」
と視聴者の怒りは収まらず、渡部のツイッターにも非難が殺到する結果に。

渡部が視聴者に非難された理由を端的にいうと

①出演者を労うどころか風貌を馬鹿にしたこと

②番組の司会なのに出演者が立場を失うコメントを半笑いでしたこと

③「グレイテスト・ショーマン」のテーマの趣旨に反する発言をしたこと

④素晴らしかった演者たちのパフォーマンスを最後の一言で台無しにしたこと

 

この四つが「グレイテスト・ショーマン」を巡る渡部の炎上の原因である。

渡部は作品を理解してないからあんな風に笑える。まるで彼らを笑う人々のよう

中でもこの映画を貫くテーマは大きな要因だ。「グレイテスト・ショーマン」は2017年にアメリカで製作されたミュージカル映画。

主役のバーナムをヒュー・ジャックマンが、パートナーのフィリップをザック・エフロンが演じ「ラ・ラ・ランド」のスタッフが参加するなど、劇中音楽でも話題になった作品だ。

グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

同作は、渡辺扮した髭女のレティや小人症の男性など世間から隠れるように生きていた人々がサーカスに参加し、自らの個性を受け入れ、互いに手を取り合って誇り高く立ち上がるまでを描いたストーリーだ。

劇中歌の「This is me」は、レティが周囲とは異なる容姿を受け入れ「これが私なの」と繰り返し訴える歌詞が印象的な一曲。

 

上の動画の1:11秒あたりを見て頂ければ分かるのだが、レティはじめサーカス団のメンバーが、パーティ会場で談笑している淑女と紳士たちに好奇の眼差しで見られるシーンが挟まれる。

そう、素晴らしい歌を披露した彼女を労うどころか笑いものにし、質の悪い嘲笑ムードを生み出した渡部ほか、渡部の笑いに同調した人々にそっくりなのである。

この「2018 FNSうたの夏まつり」は4時間にわたるスペシャル番組とあって、サザン・オールスターズデビュー40周年、アナ雪や美女と野獣などのディズニーソングメドレー、名作ミュージカルを豪華ミュージカルスターが歌うなど、全体的に「ミュージカル」「映画の歌」を中心に打ち出した番組展開だったはずだ。

アナと雪の女王 ザ・ソングス 日本語版
アナと雪の女王 ザ・ソングス 日本語版

つまり、番組のコンセプトともいえるコーナーの映画すら見ていない不勉強ぶり、人を落とすことでしか笑いを生み出せない司会者としての才能の欠如などは大がかりな番組だっただけに視聴者の印象に強く残ることとなった。

渡部は己の不勉強さを恥じ、もっと上質な笑いを生み出せるよう努力すべきだ。

すくなくとも、この番組を見ていた視聴者はまったく笑えなかったのだから。

 

 


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!