熱中症の正しい予防法について

2018年の今夏、太平洋高気圧の停滞により、連日30度を超える猛暑が続いています。

ここ最近は「命に関わる猛暑」という表現で注意喚起がされています。高齢者や幼児は暑さや体調をうまく表現したり調節できないため、これまで以上に私たち自身が熱中症に対する知識を持たなければ自分と家族の身を守れなくなっています。

テレビで特集していた「熱中症の正しい予防法」をまとめておきます。

【放映日2018年 7月23日(月) 「スッキリ」 放映分】

誤った知識その① あらかじめたくさんの水を飲む

正しい水の取り方は、「こまめに」が正しいです。必要以上の水を摂取しても、それ以外はすべて尿になってしまいます。大量に水を飲むことは悪いことではありませんが、飲んだからと言ってそれに見合う効果が得られる訳ではありません。

「水をがぶ飲み」よりも「こまめに水分をとる」ほうが効果が高い

水分を取る際に「水分」としてカウントされないのはアルコールです。よって、ビールやお酒を飲んだからと言って「水分摂取」には入りませんので注意しましょう

 

アルコールが水分摂取に適さない理由

 

利尿作用

体の中の水分を使って分解するため、体の水分が奪われる

 

 

脱水症状、熱中症症状が出てからのカフェインは利尿作用があるため避けましょう。こうした場合はきちんと「経口補水液」や「塩分入りの飲み物」を飲み、適切に水分をとる必要があります。

大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)
大塚製薬工場 経口補水液 オーエスワン 500mL丸PETx24本(ケース)

誤った知識その② 冷たいもので首の後ろを冷やす

保冷材などで首の後ろを冷やしても体を冷やす効果は薄いです。また、熱中症予防で冷却シートを額に張るなどする方法も熱中症予防にはなりません。

冷やすならば首の後ろではなく「首の横を冷やす」

太い血管が通っている首の横、脇の下、足の付け根を冷やすのが正しい「体の冷やし方」です。

誤った知識その③ 部屋の中ではエアコンを付けていれば安心

設定温度を28度にしているからといって、室内温度が28度に保たれる訳ではありません。実際私の父親もエアコンの設定温度を27度にしていたようですが、熱中症で倒れました。

ではエアコンを付けていたのに熱中症になった場合、何が悪かったのでしょうか。

エアコンの設定温度と室内温度を確認し、室温が高くないか気を付ける

部屋の中に温度計を設置し「エアコンを27度にしたから安全」と安心するのではなく、きちんと室内の温度を管理する必要があります。

私は自宅に温度計を設置していますが、エアコンを25度に設定していても、なかなか室温が28度から下がらず、結局のところ部屋の中は28度前後であることが多いです。エアコンを切ったとたんに自然に30度ぐらいになってしまいます。

きちんと室温に気を付けることが熱中症の予防に繋がります。

 

追記:熱中症体験談「睡眠時の水分不足に注意しよう」

ちなみに私は何度か熱中症手前になっています。周囲の人の体験や、自分の体験を踏まえて「こういうときは危ない」という症状をまとめておきますので、役立てていただければ幸いです。

・頭が痛い

・吐き気がする(吐く)

・目の前が暗くなって立ちくらみがする(立っていられない)

一回目は猛暑で外を日傘もないまま歩き続けていたときになりました。水分不足と日光の浴びすぎにより、立ちくらみになってしゃがみこんでしまいました。

その際は目の前が白黒になり、視界に砂嵐のようなノイズが入り、何が起きたのかとパニックになりました。

まだその時は軽傷だったのか、水を飲むと視界も回復し、普通に立てるようになりました。水分不足が原因のようです。

二回目は、エアコンがない部屋で寝ていたとき、朝目が覚めたとたん猛烈な吐き気に襲われました。何回か吐き気がこみ上げたのですが、胃の中に何もなかったために何も出ませんでした。

その場合も、落ち着いて水をコップ一杯飲んだらなんとか回復しました。どうやら寝ている間に汗をかき、寝る前の水分不足もあいまって熱中症になっていたようです。

ちなみに私の父も猛烈な吐き気を感じたあと、熱中症で病院に運ばれました。彼は糖尿病を患っているため、水分摂取にも厳しい制限がついており、水不足と室内温度の高さで熱中症になったと思われます。

私の父のように、糖尿病や病気で水分制限しなければならない家族には、どうか気をつけてあげてください。

寝ている間にも熱中症の危険はありますので、どうぞ水分をきちんと取ってから寝るように気を付けて、熱中症に見舞われないよう注意しましょう。

こちらの気象庁のリンクで高温注意情報と、県ごとの気温グラフが見られます。お出かけの際や外で活動する際は参考にすると予防になるかと思います。
os-1は熱が出た時などの水分補給に最適なので、冷蔵庫に何本かストックしておくと便利です。農業を営んでいる姑にはos-1のパウチを送ったのですが、ゼリー状の飲みやすさも相まって喜ばれています。
小さな子供やお年寄りには、小さくて飲みやすいサイズの280㏄が持たせやすいようです。


 


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!