「オウム事件真相究明の会」はただただ意味わかんないです

「なぜ今?」「なぜ九人を同じ日に?」と有識者や一部知識人が麻原をはじめ他の幹部たちの死刑執行に異を唱えている人たちがいて、まるでこの人たちオウムに取り込まれてるみたいなこと言ってるなあ、と思っている次第です☟

オウム事件真相究明の会 声明文

執行を同じ日にしたのは一人ずつ違う日にしようものなら情報も漏れやすくなるし、マスコミにまた(TBSビデオ事件の時のように)情報もらされて後ろから撃たれかねない。

法廷で死刑判決が出ている以上、死刑を執行するという事実はもう揺らがない。それを一人ひとり分けたり違う日にしなければならない理由はなんでしょうか。

いずれ「死刑」になる人を、一人ひとり違う日にするとなにか彼らが救われたり楽になったりするというのか。

何のために?

それは単なる感傷論では。じゃあどうすればいいというのだろう。「真相が究明されてない」とこうした人たちは口々に言う。

どうして今になって騒ぐの!?麻原が死刑宣告を受けて14年も経っていますよね。その間、一度でもこうしてまとまって声を上げたり外部に意見を請うたことはあるのでしょうか。

あったのかもしれないけど、少なくとも普通の人はそんな機会があったことは知りません。

A3〈上〉 (集英社文庫)

☝森達也氏も「A3」で主張されていましたが。

オウム事件真相究明の会の声明文は6月29日。死刑が執行されたのは7月6日。一週間前に騒いでなにが変わるんですか。

これじゃあ「14年間何してきたんだよ」と言われても仕方ないと思う。14年も時間があったのに(おそらく6月29日時点で拘置所側では死刑日は確定していたと思われる)動くにしてもあまりにも遅すぎる。

何か訴えるにしたって、もう何も変えられない時に動いて何を変えられるというのか。麻原はもうすでにまともにものを言える状態でもないし、刑を執行できるような状態でもない、とこれらの人たちは主張するが、あまりにもその訴えの声は小さすぎたのだと思う。

だから誰にも届いてなかったし、そのことに対して議論はなされなかったのではないですか。だからこういう人たちが繰り返す「麻原に治療を受けさせて、きちんと全容解明を」ってもう14年も経ってるんだよ!?

14年も経ったら誰だって当時の記憶なんて細かい部分なんて抜け落ちてるだろうし、まして自我すらきちんと保ててないような状態の麻原が何をどこまで覚えているかなんて定かではない。

なのに「事件について何か話せるかもしれない」というのは単なる「望み」であり「希望」でしかないのではないだろうか。まるで死刑囚の家族が「家族を殺さないで」と国家に願っているように見える。

実の家族がこうした立場にあったならば、わらにもすがる思いで「治療を受けさせてほしい」と願う、これは家族の心情として理解はできる。

こういう知識人、ジャーナリストの人たちによって家族の望みが喚起され、補強されてしまったということはないのか。

要は「もう覆るはずのない死刑宣告」に対し「叶うかもしれない、叶えられるかもしれない」という希望を持ったこと。そのほうが却って残酷ではないのか、そう思う。

とにかく動くにしても何をするにしてもあまりにも遅すぎた。時間はたっぷりあったにもかかわらず。

真相究明はなされてないというが、ずっとオウム裁判を傍聴し続けてきた江川紹子氏は「いろいろな真相は明らかになっており、核心部分も含めて事実が出ている」とテレビで仰っています。


初めのほうは「オウム真相究明の会」のインタビュー。それを見た江川さんのコメントには、裁判をずっと傍聴し続けた圧倒的な説得力があります。


江川さんのコラム(ビジネスジャーナル)「真相究明」「再発防止」を掲げる「オウム事件真相究明の会」への大いなる違和感

 

↓こちらの記事では死刑執行の際の「国家陰謀論」に対する江川さんの冷静なコメントが見られます(Shoko Egawaというユーザーが江川紹子さんです。

 

 


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • アザーサイドジャーナル より:

    「オウム事件真相究明の会」は麻原死刑囚のみの執行阻止のために「あった」と言って間違いないと思われます。他の死刑囚に関しては「死刑反対」の立場からも言及されてさえいませんでした。

    江川女史の言う通り、真相は他の弟子達の個々の裁判で語られており、その証言を「傍証」として見れば真相は概ね明らかになっていると思います。

    14年間もの長期間、メンバーの誰も見向きもしなかった「真相」に死刑執行直前になって会を立ち上げ「究明」するのは、何らかの意図があったとみて良いでしょう。麻原の三女が「会」と接触があった旨、江川女史も指摘しており、麻原のみの死刑執行阻止の理由かもしれません。

    冒頭この会が「あった」と過去形で書いたのは、この会の「解散会見」がすでに行われたからですが、この会に懐疑的であろう取材者を選別・排除し、およそメンバーにフリーも含めた有能有名ジャーナリストがいるのにも関わらず、この対応は社会を納得させられないでしょう。

    唯一、取材許可を得たIWJも動画を押さえたはずなのに、配信していないようです。IWJの矜持に照らして「取材の不公平さ」が公表を思い止まらせたとも思えます。

    • きじねこ管理人(ブログ主) より:

      コメント遅くなりました。私は真相究明の会に参加されている方の本を何冊か読んでおります。三女の主張がどうにもこの本での著者の主張をなぞっているようにみえ、この記事を書きました。
       

      自分たちに心を寄せてくれる人がいて、正当に「間違っている」といい、こうして本を出して声をあげてもくれる。それは教祖の娘としてではなく、おそらく家族の味方として心強くも思ったでしょう。
       

      だからこそ、彼の本を幾度も読み込むうち、その主張を正しい、正当だと思うようになるのは無理もないかと思います。
       

      麻原の刑の執行はもはや覆らない状態で騒ぐことは却って罪なことではないのかと思ってしまいました。
       

      いくらそう言ったところで家族が罰を下されることを回避できるわけではない。ああもできた、こうもできた、と司法に言えばもしかして何らかの軽減があるかも、と期待してしまうのではないか、却って期待させるだけ残酷なのではと思いました。
       

      江川氏はほとんどの裁判に姿を見せなかったこのメンバーたちがこういう主張をしたことに違和感を表明しています。死刑反対、刑の反対を訴える人に「それはどうなのか」というのは非常に言いにくい空気があるとおもいます。が、どうにもこうにも純粋に人道的な立場での死刑反対というよりも、何かすっきりとしないもの、なんだか漂うパフォーマンス臭に違和感をを感じてこの記事を書いたのです。
       

      明確なコメントを頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!