大人になったらたくさん友達がいると思ってた(友達が少ない私の話)


もう「大人」といっていい年ですが、いっこうに「友達100人」になる気配はありません。子供のころから「友達100人できるかな~」と歌いながら「そんなん無理やん」と思っていました。

今のところ中学生からの付きあいの友達が一人。本当に友達と呼べる相手はこの人ぐらいです。あと「夫」は家族でもあり、友達といえる存在だと勝手に思っています。

悪いことはちゃんと「間違ってる」と教えてくれる。でも失敗したら「まあくよくよすんな」と励ましてくれる。数少ない、こうした存在の二人には「本当に私みたいなのと友達でいてくれてありがとう」と感謝の気持ちしかありません。

今回は「何か大人になると友達って減りませんか?」という話です。

友達ってどのレベルの人を言うんだろう

私は「友達」とはお互いにフィフティフィフティな存在である、と定義しています。
貸しもない、一時なにかが生じて、片方に「バランスが偏ってしまった」としても、それを平衡に戻そうと努力できる関係性。それが「友達」だと思っています。

もし「家庭的なことや人間関係の悩み」の渦中にあり、相手に多く(悩み相談などで)負担を掛けてしまったとします。
でもそれを「昔からの関係性に甘えて一方的に凭れ掛り、いっこうに相手の負担を考えない」のならば、その関係背はすでに新鮮さを失い、期限が切れつつあると私は思います。

大人も知らない「本当の友だち」のつくり方 マンガで読む (こころライブラリー・ジュニア) [ 松本啓子 ]

価格:1,296円
(2018/5/10 12:04時点)
感想(4件)


人間関係にも賞味期限は確実にある

久しぶりに会った昔の友達にありがちですが、一緒に過ごした時期から「一向にアップデートしてくれない」人というのが居ます。

「あなた昔こうだったよね」と言われると懐かしい反面「あなたと会ってない時期、いろいろなことがあって、お互い変わったんだよ・・・」とも思うし、相手が会ってなかった時期に「どう過ごしていたか」も聞きたいと思うのですが、相手からすると、私は「いろいろあって変わった相手」ではなくて「飽くまでもアップデートしてない姿のまま」なので、その前提条件のままで話が進んでいきます。

確かに「こう思う」「こういうものが好き」だと言っていたけれど、それはもう10年ほども昔の「過去の私」なのに「今は違うんだよ」と言いたくても相手はすっかり「まだ私がそのままである」という風に解釈していて、話していても少しズレたような違和感が拭えません。

きみの友だち (新潮文庫) [ 重松清 ]

価格:723円
(2018/5/10 12:07時点)
感想(85件)


「友達だったのに、今はそう思えない」それは異常ではない。正常な心の動き

時にはそんな自分の心の動きに罪悪感を感じてしまう時もあります。「友達だったのになんて自分は冷たいんだろう」と。

昔から言われている良い言葉があります。「去る者は日々に疎し」と。

別に去った、という大げさなこともなく、なんとなく合わなくなった学生時代の友人。

「疎遠になってしまったのは忙しかったから、環境が変わったから」それだけでしょうか。

もう会う理由が特にないから

ではないですかね?ひょっとして、あなたとその人の縁は「同じ場所で過ごしたとき」で終わっていたのではないでしょうか。

「去る者は~」の用語解説でも書いていた言葉

親しかった者が遠く離れることにより縁が薄くなっていくことは、やむを得ないことだという人生の無常

「やむを得ない」という言葉に私はどきっとしましたね。

今の時代は、人との付き合いが薄いだの地域コミュニティとの関わりが薄れてきた孤独な現代、という語られ方をしていますが

この「去る者は~」はもともと中国の古詩十九首という今でいうアンソロジーに収録されていたもので、この歌が出来たのは紀元前220年頃の後漢の時代にあたると言われているそうですよ(前漢、後漢って歴史で習ったけどまさかこんなところで出てくるとは・・・)

紀元前!紀元前ですよ!

もう「人とのつながりが薄い」とか「現代」とか関係ないじゃないですか!?

紀元前の頃から「もう会わなくなった人とは縁が薄れていくのは必然だ」と言われていた訳なんです(今調べてて結構驚いてます)

こんな昔から「もう会わなくなった人とは縁が切れるよそれって当たり前なんだよ」と言われていたんですね・・・

深いと思うとともに、人間関係の悩みって本当昔から変わらないんだなあ・・・としみじみ思います。

昔の人も変わらずこんな気持ちを持っていた、悩んでいた、と分かるとなんとなく元気が出る気がしますよね。

きっと昔も「私ぼっちが好きなんだけど変なのかな・・・」とか

「友達が少ないんだけど自分はおかしいんだろうか」「パリピ的に弾けられないんでノリが悪いとかいわれてさ・・・」とか悩んでる人はいたんだと思います。

 

初恋の世界 3 (フラワーコミックス) [ 西 炯子 ]

価格:463円
(2018/5/10 11:50時点)
感想(1件)

40歳の薫はコーヒーカフェの店長。転勤を命じられて故郷の店舗で働くことになります。そこで昔の同級生たちに再会して、さびれたコーヒーショップを立て直すことに・・・

私はこの漫画を「女が一人で働くということ」という話ではなく「友達っていいね」「それぞれルートの違う人生を送っていても、お互いの人生を尊重しあうことさえできれば、また友達に戻れるよ」という話として読んでいます。

特にこの三巻が圧巻です。女アラフォー、それぞれの人生でつらい局面が立ち現れてきます。これまで「元少女たち」が心に秘めていた「それぞれの隠し事」が一気に噴き出すこの三巻。続きが出るのが楽しみな漫画です。


初恋の世界 1 (フラワーコミックス) [ 西 炯子 ]

価格:463円
(2018/5/10 19:36時点)
感想(2件)

初恋の世界 2 (フラワーコミックス) [ 西 炯子 ]

価格:463円
(2018/5/10 19:35時点)
感想(1件)

初恋の世界 4 (フラワーコミックス) [ 西 炯子 ]

価格:463円
(2018/5/14 13:03時点)
感想(0件)


Matched Contentこちらの記事もオススメ

data-matched-content-rows-num="3,2" data-matched-content-columns-num="2,4"

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • […] 以前書いた記事に  🐾きじねこのまど🐾 大人になったらたくさん友達がいると思ってた(でも今はほとんどいない)https://mikansetoka.com/2018/05/10/%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%95%e3%82%93%e5%8f%8b%e9%81%94%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%80%9d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%9f%ef%bc%88/もう「大人」といっていい年ですが、いっこうに「友達100人」になる気配はありません。子供のころから「友達100人できるかな~」と歌いながら「そんなん無理やん」と思っていました。今のところ中学生からの付きあいの友達が一人。本当に友達と呼べる相手はこの人ぐ… 「去る者は日々に疎し」という言葉が中国で既に紀元前に作られていた言葉だ、ということを書いたので書いてみようと思ったのですが、私は所謂(古文)というのを大人になってから好きになりました。 […]

  • […] 以前書いた記事に☟  きじねこのまど 大人になったらたくさん友達がいると思ってた(でも今はほとんどいない)https://mikansetoka.com/2018/05/10/%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%95%e3%82%93%e5%8f%8b%e9%81%94%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e6%80%9d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%9f%ef%bc%88/「友達たくさん」というのはうらやましい。けれど「友達」の概念から考えてしまうタイプの人間は「友達たくさん」は難しい。年をとるとともに友達が減ってきてしまう、という現象を考えました。 「去る者は日々に疎し」という言葉が中国で既に紀元前に作られていた言葉だ、ということを書いたので書いてみようと思ったのですが、私は所謂(古文)というのを大人になってから好きになりました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!